ココ・シャネル
Mon.18.01.2010 Posted in  ヒューマンドラマ
0 comments 0 trackbacks


1954年のパリ。空白の15年を経てファッション界に戻り、復帰コレクションを用意した
ココ・シャネル(シャーリー・マクレーン)のオートクチュール店には
たくさんの評論家や顧客が集まった。
しかし、コレクションは不評に終わり、シャネルと、ビジネス・パートナー
マルク・ボウシエ(マルコム・マクダウェル)はがく然とする。

« きみにしか聞こえない | Home | 非女子図鑑 »

comments

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

topBack to TOP